2012-03-12

1年経ちました。

今日は日記を書こう、と思っていた日(いやいや日付変わってしまったけど)

 

ずっと言いたいことは山のようにあって、色々な思いがあって、
しかし私の文章力では…どうしても安っぽくなってしまう気がします。

 

だからミズタマの視点で、ちょっとだけ。
1年前のその日は、ちょうど3月のウェブショップの受付開始の日でした。
朝からありがたいことに次々とご注文が入り…嬉しく思っていた矢先の出来事。
自分自身の周りの事と同時に、ミズタマは一体どういう対応をすればいいのか?
まずはご注文いただいた皆さんが無事でいらっしゃるか?
どういう言葉をかけるべきか悩んで悩んで、翌日までかけて作成したメールを送った事を思い出します。

 

その震災から起きたあの事故。信じ難い事故…
食に関して言えば(もちろんそれ以外も)いろんな考え方や個人の意識が
生々しく剥き出しになった…そんな風に感じています。
食を扱う身として、どう向き合うか。
そして自分の(ミズタマとしての)考え、スタンスについても
答え(らしきもの)を出すのには、随分と時間がかかりました。

 

人それぞれ考え方があって、どの考え方も合っている間違っているとか
そういう区別が出来ない。それだけ「食」って身近なものだから。

私の場合…自分が作り手だからでしょうか、
食材を選ぶ時はそれを作った、育てた人や土地の事をを思うのです。

それを自然に当たり前にやりたくて、あまり表に出して言うことは
少なかった様に思いますが、食材の「産地」にはこだわり続けて作っています。

だから先入観や思い込み、はっきりとした根拠なく疑いの心で避ける、
という選び方はしたくない。
そのかわりきちんと、自分が信頼出来る所で、信頼して選ぶ。
感謝の気持ちと共に。そこに尽きると思うのです。

 

(…あー、やっぱりなんか上手く伝えられてるんだか何なんだか)
今日からまた、自分が出来ることを続けていく。
そうやって忘れずにいようと思います。

 

 

 

 

 

1 Comment

  • ハイジ   | 2012-03-12

    伝わってくるよ、すごく。
    私もこのことを文章にするのは苦手で、でもすごく考えてるよ。